ドイツでの子供政策

ドイツの子ども政策

ドイツでは財政再建のごほうびとして国民に

1.児童手当金の支給
2.障害労働年金の支給による公的年金の積み増し。
3.公的健康保険制度の初診料の廃止
4.交通インフラの整備。

を打ち出しました。

児童手当金は最大25歳までで、2017年の実績では、
一人の子供に、親は月192ユーロ(約2万1000円)もらえます。

2人目の場合には2人目の子供も同じ金額で、
3人目からはさらに上がって、198ユーロ、
4人目の子供以降は、毎月223ユーロを払われています。

そのため、ドイツで4人の子供がいた場合、
192 + 192 + 198 + 223 = 805 EURO (約96,000円)が毎月、国からもらえます。

私個人的にはこどもは3歳くらいまでは親と一緒に暮らすのが
ベストと思っていますので、働きながら子育てするための支援制度よりも、
ドイツの支援制度のほうが母親が家庭に入ることになるので大賛成です。

日本も見習ってほしいですねね。

ちなみに女性の社会進出は、税金をいっぱいとって、
家庭を壊すために仕掛けられたアメリカ発のウーマンリブ運動が基です。

遺伝子組み換え食品などの動きを見ても
アメリカよりもヨーロッパの政策がお手本になりますね。

関連記事

  1. 富裕層と大企業にはタックスヘイブンな日本?

  2. インフレを実感する

  3. ペイオフで保護される金額は?

  4. エストニアが仮想通貨発行

  5. 海外口座を作ろうinハワイ。無事終了いたしました。

  6. 成功報酬型住宅ローン借換えサポートのご案内

  7. コロナ禍で増えた海外積立投資の怪しい勧誘

  8. 合併後の新潟県最大の銀行販売での投資信託について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今後のイベント

現在予定されているイベントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031