コロナ禍で増えた海外積立投資の怪しい勧誘

2020年はコロナ禍で新しい働き方が模索された年でした。

そしてそれに便乗して複数のお財布を増やすために様々なビジネスが活発になりました。

そのなかでも私の耳に入ってきていたのは比較的まともな内容なのに販売する方が手数料ありきで販売勧誘するものでした。

いわゆる投資というカテゴリーで言うと

国内金融商品
海外金融商品 
・各国で金融商品として認定されているもの
オフショア商品
・各国で金融商品として認定されていないもの
ポンジスキーム
その他
リゾート会員権(入口は海外銀行口座)
プライベートジェットリース
仮想通貨系、AI系、アービトラージ系、

などがありますが、この中で
「海外金融商品」や「その他」の部分の情報は一般には出回っていないので騙される方が多いのです。


特に多く耳にしたのは海外積立投資で
金融商品で認定されているもの:メティスグローバル
金融商品として認定されていないもの:スターリングハウストラスト(Royal Bank of Scotlandの信託口座を作成して投資)など


特にメティスグローバルの話が多かったです。
特徴はアテナベストというIFAからしか加入できない。
選択できるファンドがとても少ない。
手数料目当ての勧誘がほとんどである。
管理手数料が複雑で高い。
ボーナスが少ない。

特に月々500ドルで30年やりましょう!
と言う話がおおかったですね。
そしてこれらを勧誘している方達は、副業で金融知識がなく、MLM網などで勧誘しています。

海外金融商品は日本国内において法律的に大々的に宣伝ができないので
正しい情報があまり出回っていません。
特に知らなかった情報で正しい情報90%に勧誘のための都合の良い情報10%を混ぜて情報を伝えていくというイメージですね。

また、積立投資のみの提案であればほぼほぼ正しい筋道に辿り着けないと思います。
本来であれば必要な期間と金額から商品を選定していくことが本来だと思います。

ですので積立投資にも
●投資信託を選定するタイプ(リスクあり) 
投資期間、5、10、15、20、25年
●元本確保型積立投資(インデックス連動型)
投資期間:10年、15年140%、20年160%
●確定利回り積立 変動金利15年 金利幅3.5%〜6.0%
と3種類ありますし、

●海外生命保険でも様々なタイプからお選びできます。

そのほか一括投資でも
●元本確保型。3年(年利1.75%)5年(年利2.25%)、7年(年利3.0%)、10年(年利3.6%)
●海外生命保険の一括払いなど
●オフショファンド

などがあります。

そんな話きいた。
契約してしまった。
などの方がおりましたら何なりとご相談ください。

ご相談はこちらまで
https://tayori.com/form/d39313762693c90d0b05e53e43b3e8742488cbb6

関連記事

  1. 成功報酬型住宅ローン借換えサポートのご案内

  2. つなぎ融資ファンド2018成績

  3. 北朝鮮フィーバー!

  4. 英国不動産ローンファンド

  5. 富裕層と大企業にはタックスヘイブンな日本?

  6. 毎月の保険代金を運用していくと老後は安泰!月々3万円→4千万に?

  7. アマゾンの森林火災

  8. ドイツでの子供政策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今後のイベント

現在予定されているイベントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031