英国不動産ローンファンド

従来イギリスの住宅ローンは55歳までしか借り入れをすることができませんでした(銀行)。
もしくは株式という形で、年5%の高い金利を払わないと借りられない状態でしたが、20183月に英国金融庁主導で
RIORetirement Interest Only Morgages = 高齢者限定住宅ローン)という上記2つの
中間に当たる住宅ローン商品ができたことで、高齢者は自宅を担保に借り入れをして改修や住み替え、
生活費に使ったりできるようになりました。

また金利を生前に毎月支払うことで従来のリバースモーゲージよりも多くの資金を借りられます
(貸し手は死後、もしくは介護施設へ入居したタイミングで物件を手に入れます)。

結果、日本と同じように団塊世代が増えている英国において、高齢者(55歳以上)の
住宅ローンの全てを担う商品が突然できました。

このファンドは、こうした高齢者へRIOを貸し付けるファンドとなります。
この
RIOの金利収入が毎年の固定金利6%の原資となり、
それ以外にこのローンそのものを売買することであげられるリターンが
年平均
12-14%となる見込みです(現状13.83%)。

つまり両方合わせたら毎年20%近いリターンが期待できます。

最低投資額:EUR 100,000(約1200万円)

オフショア資産管理口座からはEUR 10,000(約120万円)

通貨:USDGBPEURCHFILS

配当:年6%(固定) 半期配当、再投資可

購入手数料:0%

解約手数料:6%1年ごとに低減、5年経過後ゼロ)

ロック期間:3年 この間は売却できません

売買:毎月 ※90日前通告

戦略:英国住宅ローン

(直接投資可、オフショア資産管理口座可、スイスプライベートバンク可)

お問い合わせはこちらからおお願いいたします。
(別ウインドウが開きます)

 

関連記事

  1. オフショア資産管理口座

  2. 毎月の保険代金を運用していくと老後は安泰!月々3万円→4千万に?

  3. エストニアが仮想通貨発行

  4. 介護不動産ファンド2018年成績

  5. 海外口座を作ろうinハワイ。無事終了いたしました。

  6. 富裕層と大企業にはタックスヘイブンな日本?

  7. アマゾンの森林火災

  8. 学生寮ファンド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今後のイベント

現在予定されているイベントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 日経平均株価
  1. 登録されている記事はございません。
2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031