エストニアが仮想通貨発行

エストニアが仮想通貨発行!!というニュースが
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/24/news099.html

電子政府化の一環として今回、独自の仮想通貨「エストコイン」発行によるICOを検討していると、E-residentプロジェクトマネージャーのカスパー・コージュス氏がMediumで明らかにした。

https://medium.com/e-residency-blog/estonia-could-offer-estcoins-to-e-residents-a3a5a5d3c894

エストニアといえばe-govenmentに代表される行政のオンラインサービスが進んでいて
世界最先端の電子政府を突き進んでいますが仮想通貨まで!

という感じです。

エストニアの面積はデンマークより大きく、1500以上の島がありますが、人口は130万人。

エストニアは銀行取引の99%がオンライン。
電子化により、個人に対する会計士や税理士などの仕事はほとんど必要なくなりました。
税金の還付も95%以上は電子上で自動的に算出されているためで、
今や世界でも有数の税金徴収コストが低い国です。

そして、e-Residency(電子居住)と、データエンバシー(データ大使館)です。
電子居住では、世界各国のどこからでもエストニアに会社を作り、運営することができます。
そうなれば、世界のどこからでも、EU加盟国としての行政サービスを受けることができるのです。
2014年から開始され現在は138カ国から2万2000人以上が登録!!

いやーとんがってます。エストニア。

行ってみると驚きの連続 「エストニアの時代が来る」と思う理由

2019/01/04追記

EUとの絡みにより計画は縮小のようです。

エストニアが野心的な国産仮想通貨「エストコイン」計画を縮小

関連記事

  1. ペイオフで保護される金額は?

  2. 北朝鮮フィーバー!

  3. インフレを実感する

  4. 富裕層と大企業にはタックスヘイブンな日本?

  5. 介護不動産ファンド2018年成績

  6. 海外口座を作ろうinハワイ。無事終了いたしました。

  7. 森林ファンド2018年成績

  8. つなぎ融資ファンド2018成績

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今後のイベント

現在予定されているイベントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
2017年8月
« 11月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031